ゴルフ場会員権は、ゴルフ場運営会社の発行する債券で、期日になれば債券を保有している企業や個人は償還を請求できます。

ゴルフ場会員権が求め易くなって、プレーヤーには喜ばれています。ゴルフ場を造成するには多額の資金が必要になります。一般的には100億円単位の投資になります。これを賄うのがゴルフ場会員権を販売した資金であって、本来的にはゴルフ場運営会社の発行する債券ですので、期日になれば債券を保有している企業や個人は償還を請求できます。

法的には請求できるのですが、一時は債券の償還価格である額面よりも流通価格の方が高値であったので、償還を請求する人はいませんでした。
その環境は大きく変化してしまい、流通価格が下落しましたので、一部のゴルフ場は償還請求で資金繰りに窮したところもあります。

しかし、流通価格である相場が下落したことは、ゴルフを楽しんでプレーしたい人には歓迎するべきことでした。高くて手が届かなかったゴルフ場会員権が購入できる価格になっていますので、会員としてゴルフを楽しめるようになってきました。
特に、サラリーマンをリタイアした人が夫婦でゴルフを楽しむようなスタイルが増加しています。

マイコースを保有して、月例大会を目指して腕を磨くような人が増加してゴルフがますます身近なものになっています。健康のために始めたという人も少なくありません。女性のプレーヤーも増加しています。
最近は人気のあるプロゴルファーが増加したこともゴルフ業界には追風になっており、また、ゴルフをスポーツとして楽しむ人が着実に増えていると言えます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフ場

このページの先頭へ