発展し続けるロイヤルメドウゴルフクラブの存在

ロイヤルメドウゴルフクラブは、現在ロイヤルメドウスタジアムにゴルフ場名が変わりました。
栃木県芳賀郡にあるこのゴルフ場は、北関東自動車道の宇都宮上三川インターチェンジから20kmで、首都圏からもアクセスの良いゴルフ場です。

有名プロゴルファー監修でリニューアルしたこのコースは最高高低差が10m以内というフラットなコースですが、巧みにハザードやバンカーが配置されており、戦略性の高いコースとなっています。
その反面セカンドからはグリーンが見えるので、技量の差があっても皆が楽しめるゴルフ場となっています。

グリーンはベントのワングリーンでソフトスパイクを推奨、18ホールのパー72、ティーはバック・レギュラー・フロント1・フロント2、距離は7,233ヤードとなります。
練習場も250ヤードの打ちっぱなしが14打席あるので、スタート前の練習もできます。

宿泊施設もあるので、遠方からや2日間プレイしたいという人には最適です。
休場日は月曜日となっています。
シーズンオフの冬は、お得な特別プランがたくさん用意されていて、平日はセルフプレー(乗用カート)の昼食付き7,000円、休日でも12,000〜13,000円程でプレイ可能です。

1月2月は2バックでも割増料金がかからないというのも魅力的です。
クチコミでも高評価のこのゴルフ場で、寒いですがシーズンオフの冬こそが、ゆったりと安くプレイできるチャンスともいえます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフ場

このページの先頭へ