ゴルフクラブを長く使うには普段の手入れが重要

多くの人が楽しむスポーツの一つに挙げられるゴルフではクラブを使いますが、より長く使い続けるためには普段からの手入れが大切です。
ラウンド後やドライビングレンジで練習を行った後はその都度水洗いして、乾いたら綺麗に拭くようにしましょう。
そうすることで、愛着あるクラブを長く手元に置いておけます。

また、綺麗になったクラブで次のラウンドに臨めば、リフレッシュした気持ちでスコアアップが狙えるかもしれません。
まずヘッド部分は、クラブのフェース面やソールに付いている砂や泥、芝などをブラッシングで取り除いた後、乾いた布で細かな汚れや水分を拭きます。

続いて、ヘッド専用のクリーナーやスプレーを用いてムラが出ないよう塗り上げたら、最後に乾いた布を使って磨いて下さい。
このヘッドが綺麗になったら、次は持ち手部分であるグリップの手入れを行います。

グリップは、始めに全体に水を掛けて、たわしや洗濯ブラシに石鹸を付けて全体をムラなく擦ります。
擦り終わったら石鹸の泡を水で洗い流し、仕上げに乾燥したタオルや布で水気をよく取っていきます。

このグリップの手入れの際には、グリップエンドを下に向けて水が入ってしまわないよう注意が必要で、拭き取る時は強く擦り過ぎるとゴムの表面が擦り減ってしまい、握った時に滑りやすくなるので気を付けましょう。

ゴルフクラブを使用した後にこういった手入れを必ず行えば、愛着あるクラブを長く使うことができます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフクラブ

このページの先頭へ