自分の子ども用にゴルフクラブをお探しならジュニア用を

近頃では、ジュニア世代のゴルファーが急増しています。
ゴルフスクールではジュニアのコースが開設され、習いごと感覚でスクールに通う子供たちも少なくありません。
このように、一昔前と違って誰もが気軽にゴルフをする時代ですが、ゴルフは道具がないとできないスポーツなので、それらを揃える必要があります。
まずゴルフクラブですが、大人用のものは身長150センチ以下の子供には使いにくいので、身長や年齢に合わせて最適なシャフトの長さのものを購入しなくてはなりません。

各メーカーで取り扱うジュニア用の多くは、大まかに3種類のスペックで用意されており、例えば、90~110センチ、110~130センチ、130~150センチというように、身長表示で展開されています。

また、クラブの重量ですが、重すぎると正しいバックスイングが習得できない為、シャフトの長さ同様に大切です。
それに加え、体力に合ったフレックスの考慮も必要で、飛ばしにくくならないよう、硬すぎないものを選ぶのがよいでしょう。

そして、初心者なのか競技会に出場しているようなレベルなのかによって、必要なゴルフクラブの本数が変わってきます。

始めたばかりであればウッド、アイアン、パターが各1本ずつあれば十分です。

ショートコースでプレーするぐらいになればウッドが2本、アイアンが3本にパターというように、大体6本を目安に揃えるとよいでしょう。
もっと技術が向上してトーナメントに参加するようならば、その状況によりロフト違いのウェッジウッドを複数持つなど対応が必要になります。

以上のことから、子供たちが正しいスイングを身に付けるためにも、適切なゴルフクラブの購入が重要です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフクラブ

このページの先頭へ