目の肥えたゴルファーが増えていることで、メーカーもカスタム対応でゴルフクラブの作成をする

最近のゴルフ市場は好調で、今までゴルフの分野に参入していなかったアパレルブランドやスポーツブランドも、ゴルフウェアやゴルフアクセサリーを製作して販売するケースが増えています。

また、アニメのキャラクターとコラボしたゴルフグッズも多数販売されていますので、ゴルファーにとっては他人とゴルフウェアやアクセサリーが被らずに個性を主張できる選択肢が増えている状況です。

また、ゴルフクラブに関しても、目の肥えたゴルファーが増えていることで、メーカーもカスタム対応でゴルフクラブの作成をするケースが増加しています。
カスタムクラブとして多い例には、シャフトの選択が挙げられます。

オリジナルのシャフトを差し替えて、重さやキックポイントなど、自分のスイングに合ったシャフトを選択してオーダーができます。
シャフトの長さも、体格に合わせて長くしたり短くしたりすることができ、アイアンやウェッジの場合は、ヘッドの素材によってはライ角やロフト角を変更することも可能です。

ロフト角を立てたり寝かせたりして飛距離のバランスを調整したり、体格や球筋に応じてライ角を変えてもらうことができます。
グリップも、コブありコブなしや、コード入りコードなしなどの選択が可能です。

また、両面テープの巻き方を選択できるメーカーもあります。
凝りだせばキリがないのがゴルフですが、自分のスイングに最適なゴルフクラブ探しのために、メーカーのカスタムクラブをオーダーするのも一つの方法です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフクラブ

このページの先頭へ