US仕様のゴルフクラブを使用するメリット

ゴルフクラブには、日本人にあった日本仕様のクラブと、アメリカ人にあったUS仕様のクラブがあります。
日本仕様のクラブは、その名の通り日本人の体型などに合わせて設計されているクラブです。
US仕様のクラブは、アメリカ人の体型や力に合わせて設計されています。

またアメリカ人に合わせてセッティングされているため、シャフトの硬度も日本仕様に比べると硬いものが使用されていたりしますし、ヘッドなどは日本仕様では使用されていないサイズのものが使用されていたりすることもあります。

例えばシャフトの硬さには幾つかの種類がありますが、柔らかいRシャフトのもの、普通のRSシャフト、硬いSシャフト、さらに硬いXシャフトなどがありますが、例えば同じSシャフトのゴルフクラブでも日本仕様のほうが柔らかいなどがあげられます。

また同じメーカーのクラブでも、日本仕様のものとUS仕様のものが出される場合があり、この場合、今の円高の状況などで同じ種類のクラブが日本仕様よりも安い金額で手に入れることができるメリットもあります。

要するに円高であれば輸入物は安く買えるということです。
逆に円安が進んだ場合には、日本仕様のクラブの方が安く手に入るという状況になります。

このように円相場の状況によって輸入物の方が安く手に入ることもあるし、その逆も有りうるのです。
せっかく同じメーカーの同じゴルフクラブを購入するなら、安く手に入ったほうが良いはずです。

前述したように同仕様のシャフトでも硬さが多少違ってきますが、それが気にならなければ輸入クラブを安く手に入れられるメリットがあるのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフクラブ

このページの先頭へ