ゴルフクラブのグリップについて

ゴルフクラブと身体が唯一接している部分がグリップです。
熟練者になるとアドレスをとった時点でナイスショットになるかミスショットになるかの予感を感じるものですが、それはスタンスの向きや体の開き具合、体重をかけるバランス、クラブを握った感覚などから得られます。

クラブの握りにはスクエアやフック、スライスグリップと言った握り方があり、スクエアは右打ちの場合、アドレスをした時に左手の甲がターゲットを向いた握り方になります。

フックは左手の人差し指と中指の第3関節が視野に入るくらい右側にかぶせた握り方です。
飛ばしの握りとも言われておりロングヒッターや距離を稼ぎたいゴルファーは左手をかぶせたフックの握りをしています。

スライスは左手はスクエアか若干フック気味に握って、右手を左側にかぶせることで右手を使いすぎなようにするスイングができます。
体格や握力、手首の柔らかさなどから自分に合った握り方を練習で見つける必要があり、また、ゴルフクラブに装着されているゴムグリップにもいくつかの種類があります。

最近は小指側にコブのないゴム製のタイプが主流になっています。
コブがあると握りを固定しやすくなるメリットがあり、コブがないとフェースを開いて打つなどの操作がしやすくなります。

またコード入りタイプのモノもあります。
コードがあることで汗や雨が降った時にもすべらずにしっかりとゴルフクラブを握っておくことができます。
これも実際に練習場で試してみて自分の感覚に合ったものを探して選ぶと良いです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフクラブ

このページの先頭へ