初心者はハーフセットのゴルフクラブでまずはフォーム固めをすると良いです

ある程度ゴルフの経験がある人は、ドライバーやスプーンなどのウッド系のクラブやアプローチウェッジやサンドウェッジ、ロブウェッジなどのウェッジ類、それとパターは単品で購入することになります。
またアイアンの場合は以前は3番からサンドウェッジまでがセットになっていましたが、最近は5番からピッチングウェッジまでのセットとなっており、それを購入することになります。

初心者の場合は、キャディバッグ付きでドライバーからパターまでの14本のゴルフクラブがフルセットになっているものや、その約半分のハーフセットを購入する方法があります。

単品で揃えるよりも安く購入することができます。
初心者でなくてもアマチュアゴルファーは、14本のクラブをキャディバッグに入れていても実際に使いこなしているのはその半分程度と言う場合も多いものです。

最近ではウッド系の飛びにアイアンの易しさを兼ね備えたユーティリティクラブの人気が高く、熟練ゴルファーでもロングアイアンを使わずにユーティリティクラブをキャディバッグに入れてティーショットやロングホールでの武器として使っている人も増えています。

ハーフセットでは購入ターゲットを女性や初心者に当てているため、その人たちが使いやすいゴルフクラブがセレクトされて入っています。

メーカーによって若干異なりますが大抵はドライバーとスプーン、7番アイアンから9番アイアンまでとピッチングウェッジ、サンドウェッジ、パターの8本セットになっています。
フォームが固まるとこのセットでも十分に100を切ることは可能です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフクラブ

このページの先頭へ