ゴルフクラブにヘッドカバーを使えば、塗装が剥げたり、フェイス面に傷が入ることを防げます。

ドライバーやスプーンなどのウッド系のゴルフクラブやユーティリティクラブには、新品で購入した時にはゴルフメーカーやゴルフブランドのヘッドカバーが付属します。
一方、アイアンを新品で購入しても付属でついてくることはありません。
アイアンには一本ごとやアイアンセット全体にかぶせるアイアンカバーがあり、このカバーが必要ならばたいてい自分で購入する必要があります。

パターにもメーカーのパターカバーが付属でついてくることが多いです。
ほとんどのアマチュアゴルファーはウッド系やユーティリティークラブには使用するとき以外にはカバーをちゃんとかぶせています。またゴルフクラブが窮屈にならないように、キャディバッグのファスナーを閉めない人はアイアンカバーをかぶせている割合が多いです。

ラウンド中ではラウンドを通してヘッドカバーを外してしまう人と、ショットをするたびにカバーを外し、終わるとすぐにカバーをかぶせる人の2つに分かれます。キャディバッグをカートに乗せて走らせていると、カバーをつけていないクラブはクラブ同士がぶつかってガチャガチャと音がしてしまいます。ぶつかることで当然塗装が剥げたり、フェイス面に傷が入ることがありますので、クラブメーカーはラウンド中もヘッドカバーをかぶせておくことを勧めています。

パターに関してはチップインしない限り必ず使うクラブで、取り出しやすさを考えて自分のキャディバッグには入れず、同伴者と同じパターケースに入れるようになっていますが、ここでもパターカバーを外していると同伴者のパターとぶつかって傷付いたり、傷つけられたりします。
パターは特にボールがフェースに当たったときの感覚が重要ですので傷がつかないようにしておく必要があります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフクラブ

このページの先頭へ