ゴルフクラブにはたくさんの種類があり、ヘッドにもシャフトにもいろいろな種類があります

ゴルフクラブにはたくさんの種類があります。
クラブを作っているメーカーはメジャーな国内メーカー、国外メーカー以外にもあまり知られていない玄人好みのクラブメーカーもあり、それぞれのメーカーがクラブ作りの理念を持ってゴルフクラブを作成しています。

またシャフトにもたくさんの種類があります。よく参考にされるのがシャフトの硬さでRやSR、S、Xなどで表示されています。その他にも先調子や中調子、手元調子などがあります。
現在のクラブはしなりで飛ばせるようになっていますので、自分のヘッドスピードに合わせてシャフトの硬さを選ぶと良いです。

またキックポイントに関しても、先調子はヘッドが走りやすいので非力な人でも飛距離を得ることができます。ただしヘッドのブレが大きくなり真芯に当たるミート率が下がってしまいますので、ある程度のヘッドスピードがあるプレーヤーはヘッドが暴れにくい手元調子のシャフトを選んだほうがミート率が上がります。このようにヘッドにもシャフトにもいろいろな種類がありますので、たくさんのクラブの中から自分に合ったクラブを見つけるには試打が重要になります。

最近はインターネットでゴルフクラブの売買が盛んに行われていますが、インターネットで購入する場合でも値段の安さや割引率の大きさ、ブランドだけでクラブを選ぶのではなく、実店舗にて実際に試打をさせてもらって構えやすさや弾きの感触、インパクトの音などを五感で感じてから自分に合ったモノを選ぶことが重要です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフクラブ

このページの先頭へ