ゴルフクラブは大きく分けてウッド系、アイアン、パターの3種類あります。

ゴルフを知らない人は、キャディバッグの中にはなぜあんなにもたくさんのゴルフクラブがあるのだろうかと疑問に感じることがあります。ゴルフ競技の内容やクラブの特性がわからないために、クラブはティーショット用とグリーン用の2本あれば十分だろうと考えてしまうものです。
しかしスコアメイクを考える上ではクラブの選択が重要な意味を持ちます。

公式の競技では14本のゴルフクラブをキャディバッグに入れてラウンドして良いことになっています。
しかし14本では足りずにもっと使いたいというゴルファーがいる一方で、実際にはキャディバッグに入れている14本のクラブを十分に使いこなせいていないアマチュアゴルファーもたくさんいます。
ゴルフクラブは大きく分けて3つの種類があります。

ドライバーをはじめとしたヘッドに丸みのあるクラブはウッド系と呼ばれています。
飛距離を稼ぐためのクラブで、昔は実際にヘッドの素材は木を用いていましたが現在ではチタンやステンレスが主流になっています。
アイアンはゴルフボールを狙った距離に運ぶためのクラブになります。

ヘッドは金属で出来ており、だいたい10ヤード刻みで飛距離が設定されており距離感をシビアに考えるゴルファーの場合は本数が多くなる傾向にあります。もう一つの種類のクラブがパターです。
パターはグリーン周りで使用することもありますが、基本的にはグリーン上でゴルフボールをカップと呼ばれる穴に入れるために使用します。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフクラブ

このページの先頭へ