ゴルフクラブを比較する際は、実際にクラブに触れ試打を行うことが大切です。

ゴルフクラブを購入する際に選ぶ方法としては、ゴルフショップの店員に勧められたり、お気に入りのプロゴルファーが使っているブランドやモデルだったり、テレビコマーシャルでよく目にするモデルだったり、インターネットやゴルフ雑誌の人気ランキングで上位のモデルだったりします。趣味でゴルフを楽しむのであればどんな方法でゴルフクラブを選んでも構いませんし、欲しかったクラブを買うこと自体がゴルフの楽しみの一つでもあります。

しかし、少しでもスコアアップを目指したいのであれば見た目や他人の評価だけで選ぶのではなく、実際にクラブに触れて構えてみて、その後に試打を行ってからスイングのフィーリングやコンピューターシミュレーションによる弾道の解析などをしてもらってから選んだ方が購入してからの後悔がありません。

また、試打の際には早々に1つのモデルに絞るのではなく、自分のスイングに合いそうなクラブを雑誌などを参考にしていくつか自分でチョイスしておいたり、ショップ店員に選んでもらって試打の比較をするとより自分に合ったゴルフクラブが見つかりやすくなります。さらに同じクラブヘッドでもシャフトが異なるとショットの方向性や弾道の高さ、スピンのかかり方が変わってきますのでこれも試打コーナーで確かめると良いです。

したがって試打をするときには、出来るだけ試打用のクラブが豊富なゴルフショップで行なった方が良いです。その後の購入に関してはゴルフショップの店員さんの人柄を買って購入しても良いでしょうし、インターネットで一番安いショップを探して購入する方法もお勧めです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフクラブ

このページの先頭へ