ゴルフスイング理論を理解してスコアアップに繋げる

理想的なスイングは、ゴルフをする上での基本となるものです。
グリップの握り方や構え方、体重移動など、フォーム全般について正しい理解を得れば、ゴルフの腕が上がるきっかけとなります。
インターネットで検索してみると、そういったゴルフスイング理論が書かれているサイトが沢山あります。

こうした多くのサイトで言っているように、ゴルフスイングは自分に合う正しいフォームを頭で考えず、出来るレベルになることが大切です。

それには膨大な練習の積み重ねが必要ですが、初心者はまず、理想的なフォームを一つ一つ確認し、体を動かす所から始めましょう。
ここで第一に大切なのは、クラブとの接点となるグリップです。

グリップのスタイルは、インターロック、オーバーラップ、テンフィンガーと3種類ありますが、自分の手の大きさなどを考慮して、適したスタイルを選ぶことがポイントになります。

ゴルフスイングの基本には、プレーンという仮想の面を考えて、その面上をクラブヘッドが回転するイメージで振るという概念があります。

スイングは回転運動であるという認識を持ち、その回転が仮想プレーンからはみ出さないように気をつけることが大切です。
回転軸や重心が前後左右にぶれないようにすれば、クラブヘッドのスピードも上がるのでショットが安定します。

例えば、ドライバーの場合には力一杯振るのではなく、クラブの芯でボールを捉えられるようなコントロールが重要ですが、アイアンになるとまた理論が変わってきます。

このようにゴルフスイング理論は追求すれば奥深いもので、正しく認識すればスコアアップに繋がりますから、是非習得しましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:練習について

このページの先頭へ