グリーンでのショットの上達にはゴルフ練習マットがお勧めです

初心者のゴルファーがコースに出て実際にプレーする時に、一番戸惑うのがピンに近づいてからのグリーン周りのショットです。
これは練習不足が主な原因と考えられ、練習場ではドライバーやアイアンなど飛ばす練習を中心的に行いますが、実践的なパターの練習やアプローチの練習は行わない人が多いからでしょう。
更に初心者を悩ませる要因として、ゴルフ場の個性が最も大きく出る所がグリーンが挙げられます。

アプローチやパッティングでどの様なスピードでボールが転がるか、傾斜がきついかといった事は、実際にそのゴルフ場に行ってみないとわかりませんし、それぞれのグリーンの特長に合わせ距離感を調節する事はビギナーには至難の業です。

グリーン上で行ったり来たりしてしまうのはセカンドパットに問題がある場合が多く、無理にカップインを狙って失敗する場面も見受けられます。
セカンドパットに強くなるには、ゴルフ練習マットを用いた練習が効果的です。

ゴルファーに評価の高いミスターゴルフというパターマットは、打つ方向によってグリーンスピード(球の転がり)が変わる平面式のゴルフ練習マットで、従来型の傾斜の付いた商品と違い、自分の意図した所にボールを止めてタッチを合わせる練習が出来るのが最大の特長で、カーペットの様に丸めて収納が可能な事や、他のマットとは違ったデザインの良さも人気の理由となっています。

他にも、立体ホールゲートが付いているETCPパターマットは、トラップゲートを開けて強気のパッティング訓練や集中力を養います。

また、方向性と距離感を養うターゲットラインとマークが装備されているので、より長い距離を想定したトレーニングも可能です。

この様なマットを用いてトレーニングを重ねれば、グリーンでの戸惑いも減るでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:練習について

このページの先頭へ