ホールインワンを出せる確率は気の遠くなる数字です。

ホールインワンとは、ショートホールと呼ばれる主にパー3の短い距離のホールで、1打でホールに入れてしまうことをいいます。
プロゴルファーでも難しく、生涯ゴルフをしていても1度も出せないという人も珍しくありません。
そんなホールインワンですが、アマチュアが出すと大変なことになるのです。

同行したキャディへのご祝儀、コースに記念樹を植える、そして同伴プレイヤーへの記念品贈呈やパーティーの開催など、数十万円から百万円ほどかかるケースもあります。

コンペなのかプライベートなのかによっても変わりますが、コンペの場合はそれぐらいの費用がかかります。
その為にゴルファー保険というものに加入しているゴルフプレイヤーも多いのです。
いつどこで奇跡が起こるか分かりませんので、その時に備えて保険に入っておけば安心できます。

ホールインワンが出る確率は、当然プロゴルファーの方が高い訳ですが、過去20年間のアメリカでの統計で見ると、3700分の1という結果が出ています。

そうなると生涯一度も経験できない人の方が多いということとなり、複数回経験できるプレイヤーは稀ということになりますが、そんな中でも、最多記録保持者がアメリカにおり、その数59回という驚くべき数です。
他にも信じられないような記録保持者が何人かいます。

狙っても簡単に入るものではないので運の善し悪しの問題になってきますが、ゴルフを嗜む人ならば、ホールインワンを一度は出してみたいものでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:練習について

このページの先頭へ