ゴルフクラブを購入する際は、リシャフトすることがお勧めです

ゴルフクラブを買う時に重要視していることは、人それぞれ異なると思います。
有名ブランドのゴルフクラブであったり、好きなプロが使っているクラブ、より飛距離の出るクラブや曲がりを抑えるクラブなど、人によってクラブに求める価値や性能は異なります。

しかしながら、ゴルフクラブは使う人に合ったクラブを選ばなければ、最大限の力を発揮しません。
有名ブランドであっても、自分に合ったスペックでなければ上手く打てないし、飛距離を求めて飛ぶと評判のクラブを買っても、自分に合っていなければむしろマイナスとなってしまうこともあるのです。

ゴルフクラブを購入する際に、純正シャフトと呼ばれる、クラブに初めからセットされているシャフトは、比較的万人向けに作られています。
そのため、フレックスや重量などの選択を間違えなければ、それなりの性能は発揮してくれるでしょう。

しかし、更に一歩踏み込んでクラブの性能を引き出したいのであれば、リシャフトすることをお勧めします。
なぜなら、万人向けの純正シャフトと違い、自分のスペックや要求に合ったシャフトを選ぶことで、更に自分好みのクラブに仕上げることが可能になるからです

シャフトメーカーのシャフトは、キックポイントやトルクまで自分の好きな物を選べるし、長さや重量バランスを調整することも出来ます。

それにより、ひっかけやフックを防ぎたいとか、早くフェースを返してスライスを防ぎたいなど、より細かい性能を引き出すことを目指せるのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:練習について

このページの先頭へ