ミズノのゴルフドライバーの特徴と種類

世界でも屈指の日本のスポーツ用品メーカーのミズノでは、様々なスポーツシーンに欠かせない製品作りをしています。
野球やサッカーなど様々なスポーツがある中で、ゴルフはクラブなどの製品販売、ミズノオープンやミズノドリームカップなどのツアーや大会、ゴルフスクールの運営まで行なっており、ゴルフ業界に非常に貢献しています。
クラブ・ボール・ウエア・シューズ・手袋・バッグ・アクセサリーの販売やオリジナルクラブのオーダー、クラブのレンタルなどがあります。

特にクラブ選びはプレーの良し悪しが決まる重要な要素なので、ミズノでも製品のラインナップは豊富です。

通常のクラブセットはウッドが3、4本、アイアンが8、9本、パターが1本という組み合わせで、ウッドの中で飛距離が出る1番ウッドはドライバーと言い、長いコースでの第一打に使用されます。

そのため、飛距離を稼げる製品が人気です。
JPX850ゴルフドライバーは飛びスピンが特徴で、持ち手のシャフトにはオロチパワーマキシマイザーカーボンシャフトが採用されています。

このゴルフドライバーは、飛距離を最大に伸ばすのはスピンの量という考えに着目した製品で、先端のヘッドがウエイトバランスを自在に決められ、最適なスピン量が可能になります。

そのため、ゴルファーそれぞれの一番飛ぶスピン量を探してプレーする事が出来る、画期的なクラブなのです。

他にも、こだわりの打感と飛距離性能が自慢のMPクラフトドライバーなど特色あるクラブがありますので、クラブレンタルや販売店舗での試打をして、自分に最適なクラブを選びましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ドライバー

このページの先頭へ