ゴルフでドライバーの悩みに多いスライスへの対処法

ゴルフでは、右利きの場合、打球が右側に切れていってしまうことをスライス、左側に切れていってしまうことをフックと言いますが、まっすぐ飛ばしたいのにこうした症状に悩んでしまうゴルファーは多く存在します。
中でも、アイアンでは大丈夫なのにドライバーではスライスしてしまう人が多く、その原因はいったい何なのでしょうか。
まず考えられる点は、飛ばそうとしてインパクトの時にフェースが開き、ボールに当たってしまうことです。

こうしたことを防ぐためには、スイングの時に強引にクラブをボールに当てにいこうとしてしまうと力みが出てしまう為、テイクバックで作った反動を利用してドライバーのヘッドを重りのように感じて下さい。

その時に、左手を強く引かずに自然なスイングを心掛けるのが重要です。
また、打つ方向と目標をしっかり確認し、目標に対して肩と腕の振りをスクエアにするとまっすぐな打球になります。

スイングやアドレスを確認してフェースはかぶせ気味で打てれば、克服出来るはずです。
どうしてもこうしたスイングが出来ないという場合には、フェースが最初から左を向いているフックフェースのドライバーを利用する方法もあります。

また、ボールの位置をいつもの位置より右に置く方法もあり、ボールの位置を変えると最初はスライスが強く出るものの、スイングの軌道が変わってきたら、それに合わせてフックグリップに変えることで矯正が出来る方法です。

このように、ゴルファーが悩むドライバーでのスライスという症状には様々な対処法があります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ドライバー

このページの先頭へ