バランスの取れたゴルフドライバーを選ぶためには

自分と相性の良い、バランスのとれたドライバー選びができていますか。
ゴルフがなかなか上達しないという人は、ドライバー選びに問題があるのかもしれません。
ドライバーは、毎年のようにたくさんのモデルが発売され、それぞれに特性が存在します。

使う人の体力やスイングのバランスによって、その人に合うか合わないかの相性ももちろんあり、そのため、自分に合ったものを選ぶということは、ゴルフを上達させるうえではとても重要なことです。

しかし、自分に合うものを見つけることは、プロでも難しいものです。
では、ゴルフクラブを選ぶ際にはどのような点に気をつければ良いのでしょうか。

初心者の場合は、ソールとフェース面の角度である、ロフト角に注目してみることをお勧めします。
一般的に、男性用のものでは8度から12度程度のものがありますが、これが1度違うだけで弾道の高さに違いが生じてきます。

角度が高い程ボールが上がりやすくなるので、体力に自信のない人や初心者には角度の高いものが良いかもしれません。

ロフト角の低いものを選ぶと、初心者では無意識のうちにボールを高く上げようと無理をしてしまいがちになり、そうすると、体力に合わずに、体を痛めてしまう場合も考えられます。

また、同じロフト角であってもボールが高く上がりやすいものとそうでないものがあります。
上級者向け等と謳っているものは、弾道が低くなるように作られているモデルが多く、初心者にはあまりお勧めできません。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ドライバー

このページの先頭へ