ゴルフドライバーのシャフトはプロもアマもほとんどがカーボンです

ゴルフクラブを購入するときにはついついクラブヘッドの方に目が行きやすいのですが、自分に合うゴルフクラブかどうかということに関してクラブシャフトが非常に重要になります。
同じゴルフクラブのヘッドでもシャフトによってボールの球筋や打ちやすさの難易度が大きく変わってきます。

シャフトには大きく分けてスチールとカーボンがあります。
その前は木製でしたが今や使用されることはありません。

カーボンが開発されてゴルフクラブがスチールからカーボンへと移行してその性能が認められた頃には、ゴルフドライバーなどのウッド系もアイアンもパターもカーボンが使われる時代がありました。

カーボンはスチールに比べて軽く作ることができ、しなりやバランスなどの加工も容易で非力なプレーヤーには特に好まれています。

しかし飛距離は出るもののスチールに比べて距離のばらつきが大きいことやインパクト時の手元に伝わってくる感覚が鈍いことから、アイアンにカーボンを使っていたプロの間でスチールに戻る動きが出てきて、現在はアマチュアにもそれが浸透している状況です。

しかし非力なプレーヤーや年配のプレーヤー、女性にはとってはカーボンは非常に扱いやすいゴルフクラブです。
ゴルフドライバーに関しては日本のトッププロも世界のトッププロも全員と言って良いくらいカーボンを使っています。

やはり飛距離に関してはスチールよりもカーボンが優れているため使用頻度は非常に高い状況です。
これからもゴルフクラブの進化は続いていくことでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ドライバー

このページの先頭へ