ゴルフのドライバーにもいろいろと種類がある

ゴルフのドライバーは現在生産されている商品だけでも各クラブメーカーからプロやハイアマチュア仕様やアベレージヒッター仕様、ビギナー仕様、レディース仕様など複数のモデルがラインナップされて販売されていて、それに加えて中古ショップやインターネットオークションなどで取引されている生産を終了した型落ちのモデルも含めると、数えきれないくらいたくさんの種類のモデルが存在します。

現在の主流はチタンヘッドにカーボンシャフトの組み合わせで、ヘッドのサイズはミスショットの許容量を広げるためにどんどん大きくなっています。
チタンヘッドが登場する10年くらい前までは木製ヘッドのドライバーが使われていた、文字通りウッドの時代がありました。

それから軽くて弾きの良いステンレス製のヘッドが現れたことで飛距離が大幅にアップし、その後ジュラルミンやカーボンヘッドなどの変遷があり現在は強度が高くて軽く、腐食や経年劣化に強いチタンヘッドが主流になっています。

多くのプロゴルファーもチタンヘッドのドライバーを使用していて大きく分けて2種類のタイプに分けることができます。
一つはディープフェースと呼ばれるタイプです。

フェースの縦幅が長く打点を上下にずらすことで弾道の高さをコントロールしやすくなるため、風向きによってショットを打ち分けることができるので玄人好みのクラブとされています。

もう一方のシャローフェースはヘッドが薄く重心深度が深く設計されていますのでボールが上がりやすくなる特徴があります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ドライバー

このページの先頭へ