世界でも認められているオデッセイのパター

アメリカ・カリフォルニア州に本社を置き、世界のトッププロとも契約を結ぶキャロウェイゴルフのブランドの一つとして「ODYSSEY・オデッセイ」と呼ばれるパターブランドがあります。
男女の世界6大ツアーでのトータル使用率No.1で、日本ツアーでの勝率は58%、Top10率にして63%を誇るブランドです。
この性能を体感するために、商品を3本まで3泊4日で3,800円に消費税を加えた価格で練習場及びコースで試打することが出来ます。

「世界でも認められているオデッセイのパター」の続きを読む

カテゴリー:パター

ゴルフにおいてパッティングは非常に大切で、プロでもパットイズマネーというくらいです。

ゴルフにおいて、パッティングは非常に大切です。
プロでもパットイズマネーというくらい重要で、アマチュアにおいては言うまでもありません。
しかし、意外とアマチュアはパッティングの練習をしておらず、広い場所も必要なく、もっとも練習しやすいはずなのになかなかしないものなのです。

「ゴルフにおいてパッティングは非常に大切で、プロでもパットイズマネーというくらいです。」の続きを読む

カテゴリー:パター

ミズノでパットが変わるパター選び

ゴルフ用品全般で高額な物が多いですが、値段に関わらず自分のお気に入りのメーカー製品を長く愛用する人もたくさんいます。
しかし、パットという大事な場面で使用するパターだけは、相性が悪いとどうしても何度も買い替えを行ったりする人が多く見られます。

「ミズノでパットが変わるパター選び」の続きを読む

カテゴリー:パター

パターのランキングは強いプロゴルファーの使用に影響されます

パターはドライバーやアイアンなどのゴルフクラブほど進化はありませんので長く使うことができるゴルフクラブです。
長年ゴルフをプレーしている人ならば5、6本所有している人も少なくありません。
パターは飛距離を求めるゴルフクラブではなくプレーヤーとの感性がいかにマッチしているのかが重要になり、そのためスタンスを取った時の安心感やテークバックをした時のスムーズなヘッドの動き、ボールをインパクトした時の打感によって選ぶことになります。

「パターのランキングは強いプロゴルファーの使用に影響されます」の続きを読む

カテゴリー:パター

キャメロンのパターカバーだけを買う人もいます

スコッティーキャメロンのパターと言えばゴルフ好きの人には良く知られているパターです。
海外のゴルフメーカーのパターで、デザイナーの名前を冠したブランドとなっています。

「キャメロンのパターカバーだけを買う人もいます」の続きを読む

カテゴリー:パター

l字パターは、フェース面が変わりやすいのが長所で、上級者向けのパターといえます

パターは形状や特徴から、4つのタイプに分類されます。
l字パターはシャフトとヘッドのつながりがアイアンと同様で、アルファベットのLの字に似ている事からこう呼ばれます。
フェース面が変わりやすいのが長所であり、短所でもあります。
フェースの向きを目標に合わせやすい反面、繊細なタッチが必要となってくるからです。

「l字パターは、フェース面が変わりやすいのが長所で、上級者向けのパターといえます」の続きを読む

カテゴリー:パター

パターは、スコアに大きな影響を与えるゴルフクラブであります

パターには腕力は必要ありません。
体格も体力も関係ありませんので練習をしている人と、していない人とではドライバーやアイアンショットよりも他者との差が出やすい部分でもあります。
パー72のホールでは半分の36打はグリーン上の数字となっています。

「パターは、スコアに大きな影響を与えるゴルフクラブであります」の続きを読む

カテゴリー:パター

長尺パターとは、シャフトの部分が長いパターの事です

長尺パターとはシャフトの部分が長いパターの事で、厳密な定義は存在しませんが、市販されている物で多いのは48インチです。
ライ角はルール上80度までと定められていますので、アドレスの際にヒール側が浮く事になるのが弱点といえます。
使用方法は独特で、まずはアドレスで左手親指でグリップエンドを押さえ、その親指を胸の中心につけます。

「長尺パターとは、シャフトの部分が長いパターの事です」の続きを読む

カテゴリー:パター

中古パターと新製品パターとの性能差は少ないので十分に戦力なります

パターはアイアンやドライバーなどのウッド系に比べると進化の程度は大きくありませんので、中古パターを購入しても十分にスコアアップのための戦力として使うことができます。
実際に同じパターを十年以上も使い続けているプロのゴルファーもおり、パターには飛距離を求める必要はなく自分の狙った通りの距離感と方向性を出せることに尽きるゴルフクラブです。

「中古パターと新製品パターとの性能差は少ないので十分に戦力なります」の続きを読む

カテゴリー:パター

ピンのパターには、1966年に発売され、安定した方向性で多くのプロが採用したアンサーがあります

1966年に発売されたピンのパターであるアンサーは、世界を席巻しました。
安定した方向性やその打感のすばらしさから、多くのプロが採用したからです。
打ったときにピンという音がするとも言われ、プロの優勝などの影響もあり、アマチュアにも当然の如く普及していきます。
他のメーカーもこぞって同じような形のパターを製造しました。

「ピンのパターには、1966年に発売され、安定した方向性で多くのプロが採用したアンサーがあります」の続きを読む

カテゴリー:パター

このページの先頭へ