宮城県出身のプロゴルファー沼澤聖一

沼澤聖一は1945年12月10日生まれで、宮城県仙台市出身のプロゴルファーです。
日本大学出身で、現在はつるやゴルフトーナメントやダンロップフェニックストーナメントなどのテレビ解説やオフコースコメンテーターとして活躍しており、ゴルフ雑誌などにコラムを連載しています。
1966年、日本大学在学中に日本学生ゴルフ選手権競技で優勝し、関東学生競技でもタイトルを獲得しました。

「宮城県出身のプロゴルファー沼澤聖一」の続きを読む

カテゴリー:男子プロ

不屈の精神を持つプロゴルファー深堀圭一郎

深堀圭一郎氏は1968年生まれで東京都出身、明大中野高校2年生のときに日本ジュニアを制覇した経歴を持つプロゴルファーです。
明治大学文学部の卒業を経てプロ入りをしており、初シード獲得には5年という年月を要していますが、その後の成長ぶりには目を見張るものがありました。
日本ツアーでの初優勝は1997年3月のジャストシステムKSBオープンで、スコアは2位と2打差の-12でした。

「不屈の精神を持つプロゴルファー深堀圭一郎」の続きを読む

カテゴリー:男子プロ

和製ビッグスリーの一人杉本英世

プロゴルファーの杉本英世は1938年2月16日生まれの現在77歳、静岡県出身で昭和後期に活躍をしたプロゴルファーです。
178センチ、92キロという体格を生かしたパワーゴルフで、1969年には日本オープンを始めとして年間6勝し、当時驚異的な記録を残した人物です。
青木功、ジャンボ尾崎、中島常幸が活躍したAON時代の以前に、河野高明、安田春雄と杉本英世は和製ビッグスリーと呼ばれていました。

「和製ビッグスリーの一人杉本英世」の続きを読む

カテゴリー:男子プロ

石川遼のショートパットの練習法を取り入れましょう

2007年、ツアー初挑戦にも関わらずわずか15歳という若さで優勝し一躍時の人となった石川遼は、翌年プロに転向し、2009年には18歳で史上最年少の賞金王に輝きました。
2010年に出場した試合では最終日にスコア58をマークし、これは世界最小ストロークとしてギネスブックに正式に認定されいます。
2012年にからはアメリカのツアーにも積極的に出場し、2013年1月より日本人唯一のツアーメンバーとしてPGAツアーに参戦しており、これからも日本のゴルフ界を盛り上げていく存在の一人です。

「石川遼のショートパットの練習法を取り入れましょう」の続きを読む

カテゴリー:男子プロ

泉川ピートは沖縄出身のプロゴルファーです

男子のプロゴルフ選手はたくさんいますが、泉川ピート選手は日本のプロゴルファーの一人です。
沖縄県出身で、1956年5月4日生まれの現在58歳、SOLOSINC.所属で身長は178センチ、体重78キロで、12歳からゴルフを始めました。
師匠は日本ゴルフ界で最も有名な青木功氏です。

「泉川ピートは沖縄出身のプロゴルファーです」の続きを読む

カテゴリー:男子プロ

アメリカツアーで熱狂的なファンを魅了した田中秀道

身長166センチ、体重62キロとプロゴルファーとしては決して体格に恵まれているとは言えない田中秀道氏ですが、彼のスイングはフォロースルーの先でスピードが上がる力強さがあり、そのプレーは多くのファンを魅了してきました。
そして彼は躍動感溢れるプレーを見せる半面、人柄は謙虚で大変礼儀正しく、取材記者に対しても丁寧に対応する心配りを見せるという人物です。

「アメリカツアーで熱狂的なファンを魅了した田中秀道」の続きを読む

カテゴリー:男子プロ

群馬県出身のプロゴルファー田島創志

プロゴルファーの田島創志選手は群馬県出身で、出身高校は歴代の総理大臣を2人も輩出している高崎高校です。
1976年9月25日生まれで、身長171センチ体重70キロ、趣味はスキーでサッカーもやっているなどスポーツ少年でした。
10歳からゴルフを始めましたが、高校時代はゴルフ部には所属せず、個人で活動して関東大会で2位という成績を収めています。

「群馬県出身のプロゴルファー田島創志」の続きを読む

カテゴリー:男子プロ

湯原信光のデータ活用術について

湯原信光は日本を代表するショットメーカーの一人です。
特にアイアンショットの切れ味は右に出るものはないと評価されるほどで、グリーンへのパーオン率上位に長年名を連ねています。
彼のショット能力の高さの秘訣に膨大なデータの蓄積があり、湯原信光はアマチュア時代から詳細にランドデータをつけていて、いつどのゴルフ場の何番目のホールのグリーンで何メートルパッティングが残りカップインしたという事まで記録し、自分のプレーの傾向を分析しています。

「湯原信光のデータ活用術について」の続きを読む

カテゴリー:男子プロ

奈良県出身のプロゴルファー藤本佳則

藤本佳則は日本のプロゴルファーで、1989年10月25日生まれの現在25歳です。
奈良県出身で、祖父がゴルフ練習場を経営していたことが影響で7歳からゴルフを始めました。
高校在学中の2005年に全国高等学校ゴルフ選手権で優勝し、2006年は日本アマベスト16に入り、世界ジュニアゴルフ選手権では個人戦で2位で団体戦での優勝の立役者となり、翌年はナショナルチームのメンバー入りを果たしています。

「奈良県出身のプロゴルファー藤本佳則」の続きを読む

カテゴリー:男子プロ

「コング」の愛称で親しまれるプロゴルファー飯合肇

ゴルフは年齢に関係なく競えるスポーツです。
プロゴルファーも若年層から熟年層まで幅広い年齢の人が存在しますが、1954年3月生まれの飯合肇氏は後者に属し、未だ持って衰えないゴルフへの情熱や深みのあるプレーは多くの人の心を惹きつけてやまない、貴重なゴルファーと言えるでしょう。

「「コング」の愛称で親しまれるプロゴルファー飯合肇」の続きを読む

カテゴリー:男子プロ

このページの先頭へ