横山明仁プロのゴルフレッスン

男子プロゴルファーの横山昭仁は東京都出身のプロゴルファーで、1961年1月12日生まれの現在54歳、身長173センチ、体重69キロで右利きで、国際スポーツ振興協会に所属しています。
18歳の時にゴルフを始め、1985年にプロデビューを果たしました。

「横山明仁プロのゴルフレッスン」の続きを読む

カテゴリー:男子プロ

加瀬秀樹のシニアプロとしてのゴルフの楽しみ方

1983年にプロ入りをした加瀬秀樹は、初シードまで7年の年月をかけたことから苦労人と言われています。
しかし、初優勝が日本プロで大いに脚光を浴びました。
ゆっくりとしたリズムと183センチ87キロの恵まれた体格を生かしたロングショットは、ツアープロの中でも屈指に数えられる存在です。

「加瀬秀樹のシニアプロとしてのゴルフの楽しみ方」の続きを読む

カテゴリー:男子プロ

丸山大輔は千葉県出身のプロゴルファーです

丸山大輔は千葉県出身のプロゴルファーで、1971年3月16日生まれの44歳です。
身長175センチ、体重75キロで、中学時代は体操部に所属しており、15歳の時に友人の家族とゴルフ練習場に行ったことがきっかけでゴルフを始めました。
高校はゴルフ部のある泉高校を選んで進学し、プロテストへは4回チャレンジして1994年に合格します。

「丸山大輔は千葉県出身のプロゴルファーです」の続きを読む

カテゴリー:男子プロ

野球からゴルフへと転向した桑田泉

プロゴルファーを職業にしている人は必ずしもゴルフしかやって来なかったというわけではないことが多く、子供の頃や青年期は違うスポーツで活躍していたけれど、何かをきっかけにしてゴルフに転向したというケースも少なからずあります。
桑田泉氏もそうした一人で、最初に始めたスポーツは野球でした。

「野球からゴルフへと転向した桑田泉」の続きを読む

カテゴリー:男子プロ

原口鉄也は小柄なプロゴルファーです

原口鉄也は和歌山県出身のプロゴルファーで、1974年7月27日生まれで10歳からゴルフを始めました。
高校2年生の時に日本ジュニアで優勝を果たし、その後日本大学へ進学して日本アママッチプレーでも優勝を果たします。
1997年にプロへ転向し、4年目の2000年に初シードを獲得しましたが、これからという時に頸椎へルニアを患い戦線離脱をしてしまいました。

「原口鉄也は小柄なプロゴルファーです」の続きを読む

カテゴリー:男子プロ

多彩なショットで活躍した早撃ちマック佐藤精一

プレーの早さから早撃ちマックの異名を持つ佐藤精一は、1960年代から1970年代に活躍したプロゴルファーです。
主だった成績は、66年日本オープンをはじめ、67年関東プロ、70年日本プロなどを制しています。
日本オープンでは、最終ホールで8メートルのパットを沈めて執念で勝ち取り、ホーム・コース初優勝でした。

「多彩なショットで活躍した早撃ちマック佐藤精一」の続きを読む

カテゴリー:男子プロ

三好隆は香川県出身のプロゴルファーです

三好隆は1951年7月28日生まれ、香川県出身のプロゴルファーで、タニヤゴルフに所属しています。
高校時代は高松商業高校で野球部に所属し、甲子園にも出場しました。
22歳からゴルフを始めて1978年プロテストに合格し、レギュラー時代は無名の選手でしたが、2001年からシニアツアーに参戦しています。

「三好隆は香川県出身のプロゴルファーです」の続きを読む

カテゴリー:男子プロ

練習をしないプロゴルファー手嶋多一

プロゴルファー手嶋多一氏は、2014年6月に開催された日本プロゴルフ選手権で7勝目を挙げており、これは国内メジャーとしては2勝目になります。
その2勝目の際、最終日は2位と1打差の首位スタートでしたが、そのまま1打差で逃げ切って勝利を手にし、5年間のシード権と賞金3000万円を獲得しました。
この手嶋多一氏は練習をしないプロとして有名で、持病の腰痛予防のためという理由はあるのですが、調子の良い時ほどプレッシャーをかけないために練習をしないといった自分流のポリシーを持っています。

「練習をしないプロゴルファー手嶋多一」の続きを読む

カテゴリー:男子プロ

種子島出身のプロゴルファー小田龍一

小田龍一は鹿児島県種子島出身のプロゴルファーで、1976年12月12日生まれ、身長180センチ体重90キロと非常に大柄な選手です。
12歳からゴルフを始め、1994年第38回日本ジュニアゴルフ選手権競技高校男子の部で6位に入賞します。
専修大学を卒業後、地元の高間木カントリークラブに所属して、2001年にプロテストに合格しました。

「種子島出身のプロゴルファー小田龍一」の続きを読む

カテゴリー:男子プロ

小平智に学ぶ飛距離アップのスイング

若手ゴルファーの小平智は、ジュニア時代からナショナルメンバーとして世界に帯同し、早くから世界を舞台に活躍しています。
2010年に出場したチャレンジツアーでは2日間13アンダーをマークして見事優勝し、アマチュアでは史上2人目となるチャレンジ制覇を20歳で成し遂げます。
その年に大学を中退してプロに転向し、2013年にはブレイクを迎え、日本ゴルフツアー選手権でツアー初優勝をし、ツアー初勝利を日本タイトルで飾り脚光を浴びました。

「小平智に学ぶ飛距離アップのスイング」の続きを読む

カテゴリー:男子プロ

このページの先頭へ